ヘッジファンドは日本で個人が楽天証券で購入できるのか?【最低投資額についてもご説明】

こんにちは投太郎です。
私は個人的にも友人にヘッジファンドの買い方を質問されることがあるのですが、

 

という質問をよく受けます。

 

 

結論、ヘッジファンドは楽天証券では買えません。
日本で個人が購入できるまともなヘッジファンドは、BMキャピタルだけです。(最低投資金額1000万円~)

 

今回は、

  • なぜ個人が楽天証券でヘッジファンドを購入することができないのか
  • そして、なぜBMキャピタルではそれができるのか

 

ということを、ヘッジファンドのそもそもの成り立ちから解説していきたいと思います。

 

 

個人向けヘッジファンドが楽天証券では購入できない理由

ヘッジファンドに個人が投資するには最低1億円が必要だから

まず、ヘッジファンドの構造からご説明致します。

 

ヘッジファンドはプライベートバンク経由で少数の富裕層から資金を集め、運用しております。そして、その最低投資金額ですがおおよそ1億円からというヘッジファンドが多いです。

 

なぜ、このような運用体制を取っているかというと、

  • 小口から大量に資金を集める方法だと、出資者に対する対応コストが嵩んでしまうから
  • 少額資金を投資する投資家は(資金が潤沢ではないため)短期的な利益をより重視し、長期的な視点が必要不可欠なバリュー投資ができないから

といった2つが大きな理由です。

 

当然ですが、博打のような短期投資よりも、企業の本質的な価値を計算し株価が正常に近づくタイミングを待つ長期視点のバリュー投資の方が圧倒的に安全で勝ちすいです。

 

そのような運用を実現させるため、個人がヘッジファンドに投資するためには、最低1億円という資金が必要です。

 

楽天証券のユーザーは小口投資家が多い

先ほどヘッジファンドの顧客は

  • 最低1億円の資金を持っていて
  • 長期的な運用益を重視する

といった特徴をご説明しました。

 

対して、楽天証券のメインユーザーはどのような層でしょうか?一部偏見も混じっており大変申し訳ないのですが、

 

  • 100万円前後の資金を
  • 短期的な利益を重要視して個別株で適当にスイングトレード

といったユーザーがメイン層なのではないでしょうか?

 

このようなユーザーがメインなので、楽天証券も個人向けヘッジファンドを販売していないのではないかなと思います。ヘッジファンドが売れる商品であれば楽天証券も個人向けに販売しているはずです。

 

それでは、国内で個人がヘッジファンドを購入するにはどうすれば良いのでしょうか?やはり、1億円といった資金がある富裕層ではないとヘッジファンドにはアクセスできないのでしょうか。

 

ご安心して下さい。
私は運用金額数千万円前後ですが、ヘッジファンド購入に成功しております。

 

 

個人が最低投資額1000万円から購入できる、和製ヘッジファンドのBMキャピタル

私はBMキャピタルというヘッジファンドに数千万円投資しております。

BMキャピタル公式サイト

 

先ほどヘッジファンドは最低1億円ないと投資することができないとご説明しましたが、BMキャピタルは1,000万円から投資することが可能です。

 

日本人のファンドマネージャーの坂本俊吾(東大理系卒)さんが運営する、Black Cloverというヘッジファンドがあり、そちらは他のヘッジファンドと同様最低1億円からしか投資することができないのですが、

 

こちらのBMキャピタルは準富裕層向けに運営されており最低1,000万円から投資が可能です。

 

BMキャピタルの運営メンバーはBlack Cloverと全く同じで、肝心のファンドマネージャーも同じく坂本俊吾さんです。

 

法律的に全く同じポートフォリオのファンドを2つ組むことができないので、本当に若干だけBlack Cloverと投資ポートフォリオが違いますが、母体のBlack CloverBMキャピタルは投資ポートフォリオがほぼ同じです。

 

そのため、投資パフォーマンスもBlack Cloverとほぼほぼ同じです。(年間利回り10~20%)

 

とはいえ、BMキャピタルは準富裕層個人向けの間口が広いヘッジファンドなので運営コストがかかっています。

 

そのため、母体のBlack Cloverと比較して若干だけ高めです。
(具体的な手数料はブログに書いて良いのか分からないので、こちらの問い合わせフォームから面談時に聞いてみて下さい。)

 

また、肝心のBlack Cloverの投資戦略ですが、小型の日本上場株式を対象としております。
なぜ、小型の日本株式を対象としているかというと

 

  • 日本の上場株式数は世界と比べても多く、英語でのIR情報を出していない企業も多く海外投資家が参入していない部分も多い
  • それにも関わらず、企業価値>>株式価格になっている日本企業も多数ある
  • とはいえ、そのような株式は「社長 or 取締役に問題がある」「IR戦略が下手くそ」といった理由などから市場から評価されず上記の株式価格になっている
  • そのため、株式を大量保有してモノ言う株主として経営改善
  • とはいえ、その結果株価がすぐに上がるということはなく何かのタイミングで上がるのを待つ所謂「待ちゲー」なので長期運用が基本となる。

 

といった投資戦略を取っているためです。

 

Black Cloverの投資先は大量保有報告書を参照頂ければわかります。
(5%以上の株主になっている場合、報告が法律で義務付けられています。)

 

 

当然、BMキャピタルも必然的に上記の投資戦略になります。

 

この辺りは、BMキャピタルの面談時でも詳しく教えて貰えます。

投資する or しないに限らずこの投資手法は聞けて良かったなと心から思います。

 

BMキャピタル公式サイト

 

日本国内で個人が購入できるヘッジファンドを一覧形式で知りたいあなたへ

  • 個人向けヘッジファンドは楽天証券ではできないこと
  • 国内でヘッジファンドを購入するのであれば最低投資額1,000万円必要だがBMキャピタルがオススメなこと

はお分かり頂けたかと思うのですが、

 

  • 国内で個人が購入できるヘッジファンドは他にないのかな?

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

 

結論、1,000万円以下で購入できるヘッジファンドとしては、国内にエクシア(Exia)というファンドあるにはあるのですが、激しく購入非推奨です。

 

エクシアは現在投資受付していないので問題はないとは思いますが。。。詳しくはこの動画見れば全て分かりますよ。

 

まとめ : ヘッジファンドは楽天証券で購入することはできず、個人が国内で購入できるのはBMキャピタル一択

いかがでしたでしょうか。
楽天証券では個人がヘッジファンドは購入することはできません。

 

ただ、最低投資額1000万円があれば、Black Cloverが母体となっているBMキャピタルというヘッジファンドには投資可能です。

 

投資する or しないは一旦置いておいて勉強にもなるので、こちらのリンクから一度面談受けてみることをオススメします。
ヘッジファンドに関する諸々の疑問点も、ネットで調べるよりプロに聞いた方が早かったりしますので。

 

BMキャピタル公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。