ヘッジファンドは日本で個人が楽天証券で購入できるのか?【最低投資額についてもご説明】

こんにちは投太郎です。
私は個人的にも友人にヘッジファンドの買い方を質問されることがあるのですが、

 

という質問をよく受けます。

 

 

結論、ヘッジファンドは楽天証券では買えません。
日本で個人が購入できるまともなヘッジファンドは、BMキャピタルだけです。(最低投資金額1000万円~)

 

今回は、

  • なぜ個人が楽天証券でヘッジファンドを購入することができないのか
  • そして、なぜBMキャピタルではそれができるのか

 

ということを、ヘッジファンドのそもそもの成り立ちから解説していきたいと思います。

 

また、BMキャピタルに関する実際の体験談ベースの情報を知りたい方はこちらの記事をご参照ください。
BMキャピタルの体験談【一般人の私がヘッジファンドを購入申し込みするまで】

個人向けヘッジファンドが楽天証券では購入できない理由

ヘッジファンドに個人が投資するには最低1億円が必要だから

まず、ヘッジファンドの構造からご説明致します。

 

ヘッジファンドは基本的に、少数の富裕層から資金を集め、運用しております。そして、その最低投資金額ですがおおよそ1億円からというヘッジファンドが多いです。

 

そもそも多くの投資家を集めることなく、少数の投資家のために専門的な運用サービスを提供するというのがヘッジファンドの本来の姿です。

 

また、公募により投資家を集めるのではなく、このように少数の大口投資家のみを抱える運用体制を取ることには、以下のようなメリットもあります。

  • 小口から大量に資金を集める方法だと出資者に対する対応コストが嵩んでしまうが、少数であれば顧客管理コストが下がる。
  • 少額資金を投資する投資家は短期的な利益をより重視し、短期でのパフォーマンスを見て資金引き上げ等を行うため、そのような投資家を相手にしているとファンド側としては投資計画が立てづらい。長期的に資金を預けてくれる大口投資家の方が投資戦略に柔軟性が出る。

 

このような背景から、多くの資産を持たない一般の方がヘッジファンドに投資することはできないのです。

 

そもそも楽天証券で公募しているファンドはヘッジファンドと呼ばない

さて、そもそもの名称に関してなのですが、証券会社を通じて公募しているファンドを投資信託、私募で募集しているファンドをヘッジファンドと一般的に呼びます。

なので、実はsbi証券などで売られている時点でそもそもヘッジファンドの定義を外れています。

ヘッジファンドの定義は人によって若干違うところもありますが、この「私募」という点は様々ある定義の中でも共通的に言われている点です。

 

それでは、国内で個人がヘッジファンドを購入するにはどうすれば良いのでしょうか?やはり、1億円といった資金がある富裕層ではないとヘッジファンドにはアクセスできないのでしょうか。

 

ご安心して下さい。
私は運用金額数千万円前後ですが、ヘッジファンド購入に成功しております。

 

 

個人が最低投資額1000万円から購入できる、和製ヘッジファンドのBMキャピタル

私はBMキャピタルというヘッジファンドに数千万円投資しております。

BMキャピタル公式サイト

 

先ほどヘッジファンドは最低1億円ないと投資することができないとご説明しましたが、BMキャピタルは1,000万円から投資することが可能です。

 

こちらのBMキャピタルは準富裕層向けに運営されており最低1,000万円から投資が可能です。

 

肝心のBMキャピタルの投資戦略ですが、小型の日本上場株式を対象としております。

なぜ、小型の日本株式を対象としているかというと

  • 日本の上場株式数は世界と比べても多く、小型株に関しては英語でのIR情報を出していない企業も多いため海外のプロの機関投資家が参入していない銘柄も多い(=良い銘柄も放置されている)

 

  • これにより株価が適正な数値とは言えず、企業の本質的価値>>時価総額になっている日本企業も多数ある。企業の本質的価値、つまりバリューに注目して投資を行うバリュー投資をBMキャピタルは実践している

 

  • このような本質的価値の高い銘柄は、基本的に保有していれば何かしらのタイミングでマーケットに評価され、株価が上がることが多い

 

  • とはいえ、ただ保有しただけでは株価が上がらないこともあるため、BMキャピタルは株式を大量保有してモノ言う株主として経営改善を行うこともある

 

といった投資戦略を取っているためです。

 

この辺りは、BMキャピタルの面談時でも詳しく教えて貰えます。

投資する or しないに限らずこの投資手法は聞けて良かったなと心から思います。

 

BMキャピタル公式サイト

 

日本国内で個人が購入できるヘッジファンドを一覧形式で知りたいあなたへ

  • 個人向けヘッジファンドは楽天証券ではできないこと
  • 国内でヘッジファンドを購入するのであれば最低投資額1,000万円必要だがBMキャピタルがオススメなこと

はお分かり頂けたかと思うのですが、

 

  • 国内で個人が購入できるヘッジファンドは他にないのかな?

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

 

結論、1,000万円以下で購入できるヘッジファンドとしては、国内にエクシア(Exia)というファンドあるにはあります。ただ、色々と調べた結果、あくまで管理人個人の判断とはなるのですが、エクシアへの投資は見送っております。

 

エクシアは現在投資受付していないので問題はないとは思いますが。。。

(興味ある方はこの動画を見れば多少参考にはなるかと思います。ただ、これも一個人の判断なので、なんとも言えませんが。)

 

まとめ : ヘッジファンドは楽天証券で購入することはできず、個人が国内で購入できるのはBMキャピタル一択

いかがでしたでしょうか。
楽天証券では個人がヘッジファンドは購入することはできません。

 

ただ、最低投資額1000万円があれば、BMキャピタルというヘッジファンドには投資可能です。

 

投資する or しないは一旦置いておいて勉強にもなるので、こちらのリンクから一度面談受けてみることをオススメします。
ヘッジファンドに関する諸々の疑問点も、ネットで調べるよりプロに聞いた方が早かったりしますので。

 

BMキャピタル公式サイト

 

また、BMキャピタルに関する実際の体験談ベースの情報を知りたい方はこちらの記事をご参照ください。
BMキャピタルの体験談【一般人の私がヘッジファンドを購入申し込みするまで】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。